Lyrics

嗚呼今錆びた時計の中で
舐めるように絡むように
灰色の私の朽ちた世界を
侵したアナタに目眩を
章章たる痛みを孕む悦びを与えて去った
未来を見据えて
褪せた扉を開いて
空をそっと見上げた
沈む鈍色の視界が色づく
ここに今産まれた
幼き世を祝うように
花開いた

ただ無為に撓む黄斑を刺した
爆ぜるように抉るように
光は晒す来し方の足跡を
甘く収斂の痛みを
明日もしアナタのその目で触れられたら
憂いもきっと彼方へ去るでしょう
裂創をそっと開いて
滲む紅を垂らした
震う水面が揺りかごをゆすった
今日も喉を潰そう
アナタがきっと笑うから
名を叫んで

痛みが 憂いが 温もりが
消えない
抱くほどに 色がついた
赤 青 緑

私の人生ごと手を引いて
ありのままの世界を赦して
部屋を去る背を見やって
花は散り時を知った
歌う文目鳥が虚空を舞って
運ぶ竜胆が散って
花弁しじま涙雨
嗚呼サヨナラ
愛しい(What a wonderful world you are
私の(my beautiful you
今はもう大丈夫
私はきっと一人で死ねる
貴女がいたから

Dye me in your color
please stay your color

Download & Streaming

LINEで送る